どの程度の減量をすることが適切かを認識することがまず大事

自分自身の身長と体重から、どの程度の減量をすることが適切かを認識することがまず大事です。自分の体質や適正体重を知ることで、減量の見通しがつきます。摂取カロリーを減らし、消費カロリーを増やすことが、減量をするためには必要です。自分自身の体型を理解せず、減量さえすればいいという方向性では、ダイエットはうまくいきません。減量を達成するには、そもそもどうしてた体重が増えたかを知ることが必要です。カロリー過多で脂肪がついたのか、代謝が低いことが原因か、それ以外に理由があるのかで、減量の方法も変わります。人によっては、身長と体重から計算ができる標準体型の枠にあてはまらないような方もいます。外見からは太っているように見えずとも、体脂肪率が高い隠れ肥満で、運動や食事制限によるダイエットをしなけばいけない人もいます。減量を開始する前に、自分の体脂肪が何%で、BMIがいくつか、そしてそれをいくつに減らしたいかを考えましょう。体脂肪もBMIも標準以上という人は、減量の必要性があります。体脂肪が高く、BMIはさほど高くならば、お腹周りや下半身の脂肪が気になりますので、運動で代謝させましょう。計画的な減量を行うためには、自分の身長や体重から、自分自身の体型を数値で表してみることです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ