クレンジング剤の中でもオイルタイプのもの

クレンジング剤の中でもオイルタイプのものがクレンジングオイルです。メイクを毎日洗い流すことをクレンジングといい、クレンジング剤というのは、クレンジングに使われる洗顔料をいいます。

クリームタイプ、ジェルタイプ、リキッドタイプなどがクレンジング剤にはあるといいます。油分が多いクレンジング剤がオイルクレンジングで、その特徴はメイク汚れとは分なじみやすく、油分を含んでいる馴染みやすく、洗浄力が高いことです。

油分を含む汚れは水に溶けにくく、油分に溶けこむ性質があります。ジェルのような水溶性の洗顔料よりは、クレンジングオイルの方が汚れ落ちがいいという特性があります。肌への負担が、洗浄力が高いクレンジングオイルは大きくなりやすいといわれています。

刺激に弱い肌や乾燥しやすい肌に、クレンジングオイルのような洗浄力の強いものを使うことで多いの、肌トラブルの原因になることです。刺激の強いクレンジングオイルの使用は、とくにニキビや吹き出物が出ている場合は避けたほうが無難だといえます。

クレンジングするときに、つけ心地が滑らかなため、思わず力を入れて肌を摩擦してしまう場合があるようです。クレンジングオイルは洗浄効果が高いという利点があります。クレンジングオイルで肌に負担をかけすぎないように扱いには気をつける必要があります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ